着物の買取りの6つの秘訣

シミが付いていても大丈夫。

着物を楽しんでいたのに、気づいたらシミが・・・。そうなると、もうこれを着てお出かけなんて気分にはちょっとならないかもしれません。そうなると、次に考えるのが、前にご紹介した「買取」。
でもでも、シミが付いていたら、買い取ってくれるだろうか?これって、よくある質問です。答えは、「シミがついていても買取をあきらめる必要はありません」。というのは、買取る側(お店)にとっては、買取後の用途がいくつかありますので、シミ付きの着物は利用価値ゼロ、ではないからです。もちろん、そのまま着物を着る用途も多いのですが、中には、古布、つまりアンティークの手芸の材料として販売されるケースもあります。その場合、シミ部分以外は切って使うことが出来ますので、「布」としての利用価値は大きいものになります。実際、古典的な柄の古着物は人気があり、高値で取引き、というわけではありませんが、需要はかなりありますので、もし箪笥の中に、おばあちゃんが子供の頃着ていた着物、なんてものがあれば、その着物、意外と喜んで買取りでされちゃうかもしれませんよ。
とにかく、「この着物はさすがに・・・」と思っている着物も、査定は無料ですので、一度査定を依頼してみることをおススメします。